--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年07月24日

海の日の翌日

140722-01.jpg
海の日を絡めた連休の翌日にいつもの流れへ出かけてきました。
『海の日』とはいえ休日には変わりなく、川にも沢山の方々が訪れていたようです。
これといったライズもなく、時折、新小山女魚がフライを突きにくる程度。
静かな流れで「オ!、ディンプル」っと思いきや、明らかにウグイ。
それでも、万が一に備えてマメにティペットを交換しながらさ迷い歩き、「出た!」っと思いきや、アメマスがかった岩魚。
午後からは少々風が強くなりだしラインをまともに出すのが困難な中、結構速い流れでスプラッシュ。
辛くも、山女魚の姿を見ることが出来ました。
帰り道に、ウグイがライズしていたトロイ流れを覗いてみると、ウグイにしてはチョット立派なライズリングが。
しかしながらウェーダーは脱いでしまったし、時刻はPM6時。
ウグイと信じてそのまま帰宅しました。
次回、釣りに来れる機会があった時には、最後にここを見るまでウェーダーは脱がないと思いますが(笑)。

2014年06月25日

2014初釣り初山女魚

140623-01.jpg
仕事のほうも山場を過ぎ普段の生活を取り戻しつつある今日この頃、やっと、今年初めての釣りに出かけることができました。
長雨の影響なのか、それとも雪代のなごりなのか、若干多めの程よい流れの中から出てきた小柄ながらも嬉しい初物は、これまた嬉しい初山女魚でした。
数年前の大水の影響か、昨シーズンはほとんど姿が見られなかったヒゲナガもチラホラ出ており、水生昆虫もその勢力を拡大しつつあるようで、以前に増して護岸が増えてしまった流れではありますが、楽しみなシーズンとなりそうです。

2013年08月27日

北海道を友と釣り歩く

130821-01.jpg
毎年楽しみにしている、お友達との北海道の川歩き。
今年は、仕事の都合で諦めムードでしたが、土壇場ちかくになって休暇が取れることになり、楽しい日々を過ごすことができました。
7月以降、ほとんど釣りに行けずじまいだったこともあってか、「腹いっぱい釣りしました!」って感じです。
大雨の降った地域もあったようですが、お友達とロッドを振った所には大した雨も降らずに晴れ間もあったりして、フライをベロベロ舐められつつ虹鱒にバカにされながらもちょっと良いサイズをネットインできたし、夜は美味しい酒にもありつけたし、幸せ気分の4日間となりました。
2013年08月03日

久しぶりに釣り

130803-01.jpg
土日は確り休んでいたし釣りに行く暇がなかった訳ではありませんが、何となく行かなかった釣り。
今日も、ザックを積もうかロッドを積もうか随分と迷ってからロッドを積み込みました。
快晴と思っていた朝は曇りで何となく湿っぽく、フロントガラスに細かい水滴が付くような天気に、「ロッド積んで良かった。昼くらいまでこの天気が続けば良いことあるかも・・・」なんて思いながら目的地に着いてみると、当然のように、同じ事を考えている輩は私だけのはずもなく、一台、また一台と車が止まっていました。
土曜日ということで少し早めに出た心算でしたが、日の出から3時間近くも経っている事を思うと遅いくらいなのかな?
それでも何とか空いている場所を探して、久しぶりにロッドを振ってチョコットライズもあって大きくないけど山女魚の姿も見れて、気持ちの良い半日を過ごす事が出来ました。
2013年06月26日

4日で一寸?

130624-01 click
2日前の月曜日、今シーズン2回目の山女魚探しに出かけて来ました。
水量も少し減った感じなので、シーズンを通してメインで彷徨っている中上流域あたりを歩く事にし、まずは、私的解禁日に7寸が出たポイントへ。
前回よりも少しだけ水量が落ちた分、ポイントへは近づきやすくなりましたが、大雑把だった流れが少し神経質的な流れに変わり、ヘタッピの私としては少々ドリフトが難しくなった感じ。
暫く眺めていましたがライズは無いので、とりあえずフライを流してみると、流れに引っ張られてフライが沈んだところへ魚影がちらり。
フッキングはせず「やっちまったか!」と思いつつ、少し時間を置いてもう一度。
一投目はフライに触れていなかったようで、運よく、モコッと出てきました。
ネットインした鱒は、8寸山女魚。
ストマックはトラ模様の毛虫とチッコイニンフでした。
このときは、前回と同じ山女魚などとは考えてもいませんでしたが、帰宅後に写真を見ながら「まさか?」と思いつつ前回の山女魚の写真と見比べてみると、パーマークがそっくり。
もしも同じ山女魚なら、前回は22cm位でしたので4日で一寸とまではいかないものの2cm程度成長していることになります。
っという事は、後6cm成長するのに12日って事???
そんなに単純には成長しないとしても、このまま生き続ければ夏山女魚と呼ばれる頃には間違いなく尺か。

« OLD  | HOME |  NEW »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。