--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年07月30日

羅臼岳(7月23日)

090723-01.jpg
ついに、この日が来ました。
もしかしたら、心の底から「山に登ってみたい」と感じたのは、まだ、20代の頃に知床峠から見た羅臼岳が最初かも知れません。
あの頃から20年程の歳月が過ぎ去り、一度は忘れかけた思いが目の前に聳えています。
天候が安定していれば誰でも登れる山ではありますが、内に秘めた思いは人それぞれ違います。
私にとっての羅臼岳は、今後も続けるであろう山歩きの、一つの節目となる事でしょう。
当初は、羅臼側から歩こうと思っていたのですが、朝のうちはガスが濃いようでしたので、迷う心配の無い岩尾別側から歩き始める事に。

コメント

憧れ・・・・
羅臼岳とか硫黄岳・・・憧れです。
友人のお父さんは横断道路の出来る以前の時代に単独で登ったそうです。
その当時使っていたケロシンのスベアを息子であるおいらの友人に渡し、友人は釣り、登山に使っております。
いいなぁ~~知床・・・(憧

次は東大雪とか十勝方面でしょうか?
おやぢどの、どうもです。
山歩きエントリーへの連続コメント、ありがとうございます。

父から受け継いだ灯油のストーブとは、きっと大事に使っているのでしょうね。

硫黄山も行ってみたいのですが、知床公園線が一般車両通行止めとなってしまった事で、遠い存在となってしまいまたね。
シャトルバスの始発が6時位からあると、余裕を持って日帰りできるのですが・・・
羅臼平から一人で縦走するのは、流石に怖いです。

とりあえず、今年の山歩き道内遠征は終了のつもりです。
釣もしたいし(笑)
トムラウシへも行こうと思っていたのですが、今年は止めておきます。
休みと天気のタイミングが合えば、ニペソツ山を考えていますが。
ニペソツ!
ニペソツはおいらの憧れの山です!
いつか・・・と思いながら、随分と経ってしまい、今は状況が許さないので
本当に憧れで終わってしまうかもしれません(悲
せめて前天狗だけでも・・・
いやいや、行く時にはきちんと制覇したい・・・・

そういえばニペソツは沢登りからのアプローチもあったような?
過酷そうですけど(笑
そうでしたか。
ニペソツ山は憧れの山だったんですね。
膝が登れない原因?
なんとか、登れる状態になると良いですね。

今年、行けるとしたら紅葉の頃かな。

近くの山も歩きたいし、釣りも行きたいし。
やっぱり、遠出は年一ですかね(笑)
再びです
何度もすみません。

登れない理由は膝が長時間持たないこともあるのですが
それよりも仕事に休みがないことなんです(笑
休みの日でも呼び出しが掛るので遠くへは今は行くことが出来ません。
余程のことがない限り・・・(涙
ですから釣りでも尻別や支笏湖などの近場になっちゃいますね。

だから尻別を楽しむのに少し短めの竿でライン操作を楽しんだりして大きさにかかわらず自分の中での一匹を価値のあるものにして遊んでいます。

お山も憧れはたくさんあります(笑
ニぺは勿論お鉢めぐりやペテガリ等々挙げればきりがありません(笑

そろそろヤマメもやりたいのですが子供が夏休みで・・・(苦笑
再び、どうもです

色々と大変そうですね。

私のところも子供が夏休みなのですが、殆ど遊んでもらえなくなりました。
密かに、寂しいです(笑)

そろそろ、流れも落ち着いたかな・・・
などと思い、ちょっと出かけて見ましが、なんとなく流れの様相が例年と違うような感じで、山女魚が何処にいるのか分からないです。
山女魚が何処に居るのか分からないのは毎年の事なんですけど、今年は特に???

 | HOME | 

コメントする

 パスワードを設定すると後で修正できます
サイト管理者にのみ通知する

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。