--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年04月06日

エイプリルフールのアメマス


4月1日
アメマスを探しにいつもの流れへ出かけました。
平野部の雪代はある手度落ち着いたのか、水量はやや多目ながらクリアーな流れ。
流れの中も確実に春へと向かっているようで、小さなカワゲラやトビケラがハッチしていました。
股下程度まで流れに浸かり、擬餌針を流しながら下っていると、少し前に自分が立っていた辺りで「バシャッ」。
「ボイル・・・、いや、ライズか???」
「バシャッ」とやった上流へと静かに回り込み、擬餌針を流しこむとゴンっという感触が伝わり元気なアメマスをランディング。
ちょっとばかり失礼してアメマスのストマックを覗いて見ると、捕食は鮭稚魚ではなく小さなトビケラのラーバ。
とりあえず、細めに巻いたウィリーバガーを同じ辺りに流してみましたが、一回反応したのみ。
ティペットの先を#12のヘアーズイヤーニンフに変え、瀬尻辺りを意識して流すと・・・

アメマスに、私のフライがどのように見えたのかは分からない。
けれども、私のフライをアメマスが捕食対象と思い込んだ事には間違いない。
やっぱり、マッチ・ザ・ベイトっぽい釣りは楽しい。
それが、自分勝手な思い込みだとしても。

無性に、ドライフライ・フィッシングが恋しくなりました。

ここ数日の陽気で山岳部の雪代も本格化の兆し。
雪代が落ち着くころには、GW明けから始まる嵐のような仕事からも解放され、のんびりと波紋を眺めに行けるはず。

コメント

 | HOME | 

コメントする

 パスワードを設定すると後で修正できます
サイト管理者にのみ通知する

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。