2008年10月18日

シャクナゲ岳(10月16日)


昨年の10月16日もニセコに山へ歩きに来ていました。
アンヌプリ周辺は例年よりも紅葉が遅く丁度見頃となっており、午後からは天気が崩れ始めたものの綺麗な秋の風景を楽しむ事が出来たと記憶しています。
今年も丁度同じ日が休みとなり、「また、綺麗な紅葉でも見れたら・・・」などと思いつつニセコのシャクナゲ岳へ出かけてきました。
しかし、山の紅葉は既に終了。
帰宅後に調べて見ると、今年は10月初めにピークを迎えていたようです。
少し色あせて見えるハイマツや笹と、葉を落としたダケカンバ。
何となく寂しげなニセコの山でした。

コメント

はじめまして
okajiさんから『山も釣りも』と拝聴してお邪魔しました。いぬ太郎と申します。

今年のニセコは紅葉の仕舞いが早かったようですね。伝え聞いた話では9月下旬にはもう・・・。なんていうのもありました。

今年はどうもスッキリ晴れる週末が少なく、山へも、川は川で渇水渇水で川へも。出かける回数の少ない寂しいシーズンになってしまいましたが、今年はなんとかスノーシューでも手に入れてその辺の山へ犬と繰り出せたらなぁと考えています。
いぬ太郎さん、はじめまして
ご訪問、ありがとうございます。
ご覧のとおり、私の場合は『山も釣も』お遊び程度でお恥ずかしいのですが、コメントを頂いて嬉しく思っております。

ニセコの紅葉、今年は9月下旬が終盤だったんですか。
今年は、綺麗な紅葉を見ることが出来ず残念に思っているのですが、こんな年があるからこそ、綺麗な紅葉に巡り合えた時の感動がより一層高まるのでしょうね! きっと。

最後になってしまいましたが、今後ともよろしくお願い致します。

 | HOME | 

コメントする

 パスワードを設定すると後で修正できます
サイト管理者にのみ通知する

 | HOME |