--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年08月31日

藪こぎ注意(29日の出来事)


朝から釣りに出かけるつもりだった、その日。
屋根を叩く雨の音で、目覚ましが鳴る前に目が覚めました。
とりあえず布団から出て、気象庁の解析雨量・降水短時間予報を確認すると目的地も数時間後には雨の様子なので、また、布団へと逆戻り。
次に目が覚めたのはAM9:00で、外はやはり雨。
けれども何となく釣りを諦めきれずに、もう一度、天気を確認してみると目的地は思っていたほど雨が降っていない様子で、川の水位も変わっていません。
結局、何時もの川へと車を走らせました。
とりあえず上流域に車を止めて様子を見ると、辺りは湿度が高くむっとしたいい感じ。
チョット期待して流れに入りましたが、飛び交う虫も少なくライズも無く、時折7寸程度の山女魚や虹鱒が顔を出すのみ。
中流域まで各所を転々としましたが期待したドラマも無く、ある地点を境に支流の影響からか流れに濁りが入っており、「パスして来たポイントにでも戻ってみようか」と思ったのが夕暮れ時でした。
8月に入ってからは一度も来ていなかった場所で、以前あった踏み後は分からなくなっており、最近のものと思われる新しいふみ後がついています。
「ここから入るか」っと踏み後に沿って進むと、流れまでもう少しというところで踏み後が無くなっているではありませんか。
少し迷って、「すぐそこに流れも見えるし、突っ切るか」っと背丈以上の藪を一歩踏み出した瞬間、
左手に「ズキン」と激痛が走りました。
なに???っと分けも分からず立ち止ると、また左手に「ズキン」っとい激痛。
2回目の激痛で、姿は見なかったものの『蜂』と悟り慌てて向きを変えて今来た踏み後を走って戻りましたが、その間に右手首に「ズキン」と激痛が。
薮を抜けて一瞬立ち止ると、背後で「ブゥ?ン」と音が聞こえるではないですが。
車まで約20m走りましたが羽音は消えず、身体を伏せます。
羽音が遠ざかったので、ゆっくり身体を起こすと、伏せる時に脱げた帽子の周りを一匹の蜂が飛んでいます。
「帽子ごと踏みつけてやろう」と足を上げと、蜂はまた私の方へ。
一瞬、蜂の姿を見失い辺りを見回すと、今度は左腕の袖の中で「ブゥ?ン」。
無我夢中で左袖の羽音のするあたりを叩きまくると、ポッロと落ちてきました。
恐怖のあまり落ちてきた蜂を我武者羅に踏みつけ、我に返った頃には何の蜂だったのか識別不可能となっていましたが、多分、スズメ蜂の部類だったと思います。
6年程前にもスズメ蜂らしき蜂に刺されており、不安と戦いながら刺された箇所を指で摘まんで毒出しを行った後、幸いにして軽症だった右手でハンドルを握って地元の総合病院に着いたのが2時間後。
アナフィラキシーショックなるもの起こらず、左手をグローブの様に腫らしただけですみました。
ちなみに、アナフィラキシーショックは、刺され後30分以内起こるとか。

実は、お盆を過ぎてから違う場所でも何度が蜂の姿を確認しています。
それも、普段通る踏み後の腰の高さ位のところでウロウロしているのを。

明日から9月。
もう少し山女魚を探しに出かけたいけど、どうしようか。
蜂に刺されてから2日目。
既に左手の腫れもひき、『喉もと過ぎれば・・・』状態になっているのですが。

コメント

蜂の件
えぞかずさん、はじめまして。
この記事を読んで、全く同じ場所で同じ経験をしたので書き込みさせていただきます。

先日(8/31)、僕らも同じ道をたどりました。いつもは確か、もう少し下流から入るところがあったはず・・・と思いながらも、しっかりしたふみ跡だったので、そこから入渓しようとはいったのが間違いでした。
道が切れてて変だな~?と思いつつも藪を倒し進んでいると、後ろで痛!痛!と声が。
我に返りあたりを見渡すと蜂に囲まれているではないですか!
その後は猛ダッシュで来た道を・・・
自分でも驚くくらいのスピードでダッシュでした。
意外にも蜂は追っかけてきてなく、助かりましたが、あわてていたため、僕らもしっかりと蜂の姿は確認してません。
しかし、体調3~4cmはあったので、スズメ蜂と断定してもいいでしょう。
子供を連れてってたらと思うとぞっとします。

刺されたのは連れでしたが、倶知安の薬局で薬を買い、塗ったら意外にも腫れが引いてきたので一安心でした。
縦看板でも立てておかないときっと誰かが被害に逢うでしょうね。
立ててこようかな?

いずれにしてもこれからの時期、気をつけねばなりませんね!

来年でも尻別でお会いするかも知れません。
そのときはよろしくお願い致します。
チャーリーさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

そうですか、お連れの方が同じ場所で刺されしまいましたか。
場所については書きませんでしたが、同じ場所であるとお分かりにるあたり、チャーリーさんは可也の尻別通と御察し致します。
また、私のブログを呼んで下さいましてありがとうございます。

蜂の件ですが、私が刺された時は一匹(多分)で、たまたま居合わせたヤツと運悪くハチ合わせになってしまったと思っていたのですが、その2日後に複数匹に囲まれたとなると、巣作りを始めた可能性が大きいようですね。
そうだとすると、女王蜂は晩夏に拵えた巣で越冬するらしいので、来年も可也危険ということになりますね。

あの辺りは、立ち入りを不愉快に思っている方が居るようで、6月の終り頃、入口付近に土砂が盛られていましたよね。
その土砂が除去された後、ラフティングのボート下り場付近にも変な踏み後の小道が作られていたのをご存知でしょうか。
今思えば、嫌がらせのために故意に作られたもの・・・ なんていうのは私の考えすぎかも知れませんが。
何れに致しましても、マナーも含めましてお互いに注意致しましょう。

注意喚起の看板については、町へ働きかけると、今年は無理でも、来年も蜂が飛び交うようであれば設置してくれるかも知れませんね。
私は、今年はもうアチラ方面へ出かける事は無いと思いますので、来年の状況を見て町への連絡も考えようと思っています。

それでは、そのうちにお会いする事がありましたら、こちらこそよろしくお願いいたします。

 | HOME | 

コメントする

 パスワードを設定すると後で修正できます
サイト管理者にのみ通知する

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。