--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年03月10日

老眼鏡



とうとうコイツのお世話になる時が来たようです。
昨年あたりから#16のアイに6Xを通すのが難儀になりつつありました。
それでも、新聞を読むのには不自由は無く、老眼という言葉を頭の隅の隅へと追いやっていました。
そして今年、竿作りを始めだしてからの事。
ワインディングスレッドに焦点が合わない。
サークルライト付きのルーペスタンド越しに作業をしていました。
けれども、ブランクに文字を書き入れるときはペンがスタンドに打つかって思うように出来ません。
そして、肉眼では・・・
自分の書いた字がボヤケテ見づらいではありませんか。
数日後、眼科へ行って視力検査をしてもらい、目に合ったレンズをつけてみると
「お?!」
もともと視力の良い私故に、生まれて初めての感動が広がりました。
「とてもよく見ます!!!」
検査の後、先生のお話しを聞き
「まだ、老眼鏡は早いですよね」
とたずねると
「歳のわりには進んでいる方ですので、無理せずに使用したほうが良いと思いますよ」
との事。
そんな訳で、とりあえずお安いのを一つ。
「新聞の字って、こんなにくっきりと印刷されていたんですね!」
(数年前まではくっきり見えていたのだけれど)

まだまだ、「歳には勝てない」何て言う歳では無い筈なのだけれど
歳には勝てません(笑)

コメント

うはー
うーー

なんだか
人事ではないような、、そんな気が最近・・
するんですよ・・

ま、いっか(^^;
NaOさん、人事ではないですよ!
針に糸を通しづらくなったら、チョット眼科へ行って見た方が良いかも。
感で通して、「まだ、大丈夫」何て思っちゃいけませんよ(笑)。

老眼鏡を買ってから、まだタイイングはしていませんが、今まで以上に巻くのが楽しくなりそうです!

 | HOME | 

コメントする

 パスワードを設定すると後で修正できます
サイト管理者にのみ通知する

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。