--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年08月17日

山女魚じゃなかった...

150817-01.jpg
先週やらかした魚が気になり、いつもの流れに出かけてきました。
とはいっても、お盆がらみの土日後のなので、それほど期待せずに。
先週は、若干の濁りが入っていた流れも、今日はクリアーに戻っていました。
チョット早めで複数によれている流れに#12のビートルを流します。
数投後、「あっ、見切られた!」
その後は、フライのサイズを落としても反応なし。
しばしボ~っとした後、半分やけくそで、ニジ用に巻いた#8を
気合いだけは何とか保って数投後、フライを口に流し込むようにモコッと出ました。
「おい、おい、おい、でっかいんじゃない」
「もしかして35」
などと、山女魚であることを疑いもせずにやり取りし、魚影が見える辺りまで引き寄せると、
レッドバンドが、ちらって…
「ニジかい」
飛びごろサイズの虹鱒でしたが、よくぞ飛ばずに夢を見させてくれて「ありがとう」。

大きめのフライで釣れちゃうと、小さいフライがなんとなく頼りなく感じちゃって、そのまま#8を投げ続けていたら、まずまずの山女魚も出てきました。
山女魚は、なんとなく下のトロ場から上がってきたのかのかな?って感じ???

コメント

 | HOME | 

コメントする

 パスワードを設定すると後で修正できます
サイト管理者にのみ通知する

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。