2014年08月24日

十勝岳~オプタテシケ山(8月18日~19日)

140818-01.jpg
2012年に旭岳⇔黒岳を歩いた後、次回の一泊山歩きはオプタテシケ山行こうと思っていましたが、2013年は仕事の方が何となく落ち着かなかったり、何となく天気との折り合いが悪かったりと、結局は出かけることが出来ませんでした。
「今年こそは!」っと、天気を見計らって出かけられるように少々長めに休みを入れておいたのですが、私の休みの開始とともに何となく今一つの天気予報。
「景色のない山に行ってもな~」と迷いながらも、2日間曇りの予報で、とりあえず雨には降られないで済みそうな18・19日に山歩きを決行しました。
前日の17日に、十勝岳登山口のある望岳台の駐車場へ行き車中泊。
翌3時30分に目を覚ましたころは、辺りは闇と霧に包まれていましたが、明るみが増すとともに視界が開けだし、出発するころには晴れとはいかないものの雲は高く視界良好。
「やっぱり来てよかった!」とつぶやきながら一歩踏み出し、体力温存の超スローペースで予定時間よりかなり遅れてしまったものの、十勝岳・美瑛岳・美瑛富士と三つのピークに立つことが出来ました。
宿泊予定地の美瑛富士避難小屋に着いたのは夕方の5時で、山歩きの常識としては少々遅刻といった感じでしょうか。
小屋を覗いてみると男性が一人。
私はテントを張るつもりでいたのですが、その方とお話ししながら腰をおろし、何となくザックもおろし、いつも間にか靴も脱いで小屋の住人に。

19日はいよいよ目的のオプタテシケ山。
4時に男性の目覚ましで起き、私はタラタラと準備開始。
その方は早々に準備を終えて山へ。
私も、「ダラダラしてられないな」と30分程遅れて出発。
途中から弱い雨に降られて雨のオプタテシケ山頂となったものの、雲が落ちてくる前に山頂に着くことが出来、遠方の山々も望むことが出来ました。
私一人だったら、いつものタラタラペースでの出発となり、ただ白いだけのオプタテシケ山となっていたかもしれません。
その後、避難小屋へと戻る間に雨は時より本降りに。
避難小屋で食事と雨支度を終えた後、雨の登山道を下りました。

「どうかな?」っと思っていた景色は見ることが出来、雨の山歩きも体験でき、今回も充実の一泊山歩きとなりました。

ヤマレコのレポートはこちら

コメント

 | HOME | 

コメントする

 パスワードを設定すると後で修正できます
サイト管理者にのみ通知する

 | HOME |