--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年08月19日

ニペソツ山(8月17日)


年に一つは「北海道で有名な山」を歩きたい。
そんな事を思い始めたのは、数年前に、大雪山系の赤岳~白雲岳を歩いた頃からです。
何をもって有名とするのかは、自分でもハッキリはしていません。
稀に、山で本州から来られた方とお話することがありますが、「オロフレ山のシラネアオイが見たい」という方もいたりします。少々マニアックな域ではあると思いますが、オロフレ山はシラネアオイが群生する山として知られているようで、お花が好きな方にとっては「北海道で有名な山」となるのかも知れません。

今年も、幾つかの山を候補に上げていましたが、今回は「ニペソツ山」を歩く事にしました。
一番の理由は、今年の夏山は、まだ一つしか歩いていないために体力に今一つ不安があり、北海道夏山ガイドでニペソツ山の十六ノ沢コースが中級として紹介されていた事。
しかし、この山、「本当に中級ですか?」っというのが歩き終えた後の感想です。
登山の標高差は987メートルとなっていますが、プロトレックの測定記録では往復の累積標高は1400メートル以上。前天狗?天狗岳の辺りは、視界不良となれば迷いそうなところも多々有り(視界不良でなくても迷いそうになりましたが)私的には上級に昇格させたいところです。

コメント

お疲れ様でした
正直、なまら羨ましいです(笑
東大雪で唯一の2000m級の山。
おいらの今の膝では10時間以上の歩行には
絶えられそうもありません。
15kgくらい減量すれば別ですが(苦笑

あの7枚目の写真。あれがおいらの憧れの景色の一つです。
前天狗ってハイマツだけと言う事は森林限界超えてるんですね。

おいらが憧れた写真でみた風景はカナダのテンピークスのあるモレーン湖。
それは新婚旅行で見に行きました。
トレッキングツアーを申し込んだのに人数不足で施工されませんでしたけど(笑
それとこの前天狗からのニペソツの景色。
写真ではとても伝えきれないのは判りますがやはりいいですね!
無事に下山してなによりです。
どこかでひとっ風呂浴びてるのかな?とも思ってたんですが・・・
おやぢどの、こんにちは。

新婚旅行はモレーン湖だったんでか!
いいですね。
やはり、広大な風景の感動は、そこに立って、そこの空気を吸い込まなくては味わえませんよね。

当日は、メールありがとうございました。
連絡頂いた温泉とも思ったのですが、早く汗を流したかったので、糠平の萎びた温泉旅館で一風呂浴びて帰りました。

「帰路は、睡魔との闘い」と思いきや、結局は家に帰ってからも身体の興奮は冷めやらず、中々寝付けませんでした。
そういえば
糠平温泉郷も随分と変わっちゃったように聞いております。
おいらが昔泊まった宿は、もう無い可能性も。
古びた・・といえばなんとか館って所かな?(笑
オソウシも営業していないし、北湯沢近辺も寂しくなりましたね。

それにしてもいいな~~あの景色。。。。
*水位落ちないですね。。どうなっちゃうんだろ?
>おやぢどの

全体的に古びた温泉街といった感じではありますが、層雲峡側から街に入って直左の旅館で、「日帰り歓迎」と「500円」が目に入り、即決しました(笑)。

川の方は、そろそろ行動範囲内という気もしますが、明日からまた雨交じりの予報ですね。
今度の雨はお湿り程度済ませてもらいたいところです。

 | HOME | 

コメントする

 パスワードを設定すると後で修正できます
サイト管理者にのみ通知する

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。