2007年11月09日

そろそろ終盤

流れ
私にとって、一年の最後を締めくくるアメマス釣り。
相変わらずぎこちなく宙を舞うシューティングヘッドが流れの中に消え、その先に結ばれた擬餌針を首尾よくアメマスが銜えてその生命感が手元に伝わってくると、何となく「今年の釣りもそろそろ終わりだな」と感じます。
擬餌針を加えたアメマスが、運よく#6ロッドの隣に並んでくるともう言う事は何もありません。

日暮れ間際に寄り道した川では思いがけない一尾。
思わず「こんなヤツも居るんだ・・・」っと呟いてしまいました。

コメント

思いがけない
こんばんは!
アメマスは、どのあたりまで下がっているのでしょうか?

思いがけない1匹・・・・・非常に気になります(笑)
shinyaさん、こんにちは
今日は雨ですね。
お持ち帰りのお仕事も、集中力が増し、捗っている事と御察し致します。

思いがけない一尾は、帰りに寄り道した川で前回と同じ流域なのですが、釣れたのは『思いがけない一尾』のみ。
前回、アメマスがイクラに夢中になって辺りは、密猟者がギャング針を振り回しており、アメマスが食事を出来るような状態ではありませんでした。
鮭の遡上も本格化しており、
流れが荒らされていなければ・・・
っという感じです。
そうかっ!
写真をクリックすれば、次から次に画像と記事が現れる仕組みなんですね。前回気付いていながらすっかり忘れておりました(笑)

あの川で、泣き60のアメマス実にお見事であります。遡りのような砲弾型の見事なコンディションのアメマスですね!

実に羨ましいです。
shinyaさん、どうもです
羨ましいと言うほどのものではありませんが、お褒め頂いてありがとうございます。
歳を重ねる毎に感動が・・・
などと言いながらも、予期せぬ一尾と言うのはやっぱり嬉しいものですね(笑)。

 | HOME | 

コメントする

 パスワードを設定すると後で修正できます
サイト管理者にのみ通知する

 | HOME |