--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年11月07日

黒松内岳(11月5日)

131105-01.jpg
道南方面へ出かけると、いつも気になっていた『黒松内岳』
何度か釣り歩いたことがある川からもその姿は見ることが出来、
「高くはないけど、少し荒々しくてカッコイイ山だな~」
なんて思いながら眺めたりしていました。
そのうち歩いてみたいと思いながらも、チョット行ってみるには住まいからは少々遠い微妙な距離と、一日掛けるならあっちの山の方が… という感じで後回しになっていました。
今回もほかに気になる山があったのですが、今行かないと、そのまま行かず仕舞いになりそうな気がして、道南へと車を走らせました。
歌才から林道に入り黒松内川をチラ見しながら暫く走ると登山口のある駐車スペースに到着。
「今日は一人か…」などと思いながら準備をしてると、車が一台入ってきます。
少し安心したものの、残念ながら登山ではなく営林局の職員でした。
そのうえ、鈴・鉈・クマスプレーの完全装備。
「これから登るんですか? 気を付けて。」っと私に告げて、二人で林道沿いを歩いて行ってしまいました。
再び心細い空気に包まれながらも、青空に励まされて歩き始めます。
登山道は手入れされているとともに、落葉後ということもあり林の中でも明るかったのですが、山親父の明確な痕跡は見なかったものの不自然に倒れた笹等々、何とも言えない威圧感がありました。

下山後、駐車スペースから10メートルくらい離れたところに、朝は無かった『う△こ』が。
スポンサーサイト

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。