--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年06月27日

芦別岳(6月25日)


2009年の6月に初めて夕張岳を歩いたときから気になっていた芦別岳。
しかしながら、私の住いからだと日帰りするには少々無理があり、何となくふみきれすにいました。

次から次へと押し寄せて来た5月の業務を終え、6月は釣りに山にと思いを膨らませていたところへガッツンと割り込んで来た仕事。心身共にストレスで爆発しそうな状態を何とか乗り越えてやっと来た休日。
このストレスを消し去ることが出来るのは「山しかない」と思いました。
そして、頭の中に浮んできたのが『芦別岳』。

芦別岳の主な登山道は、一般的な新道と少々マニアックな旧道のルートがあり、今回はトレーニング不十分&少々お疲れ気味の身体という事で新道を歩く心算でいたのですが、たまたま駐車場に居合わせた方に、
「新道ですか?、旧道ですか?」と、尋ねられ、
「新道を歩こうと思っています」と、答えると、
「私は、旧道と行こうと思っています」との返答。
しかも、女性。
ここで、クダラナイ男の『見栄』をはってしまいました。

案の定、工程の半分位を過ぎたところで太ももが悲鳴を上げだし、その後は、痙攣や肉離れを起こして『自力下山不可能』なんて事にならないよう、休みながらの超スローペースとなってしまいました。

登山道は旧道と呼ぶに相応しく、数箇所に標識はあるものの目印のピンクテープを見逃すと迷う可能性大の状態でした。

追記
下山後、汗を流すのに入った温泉の鏡で右肩にダニが食い付いているのを発見。
今度からは、藪の中を歩くときは長袖にします。
長袖でも、中に潜り込んだり首や頭に食い付くのか???

スポンサーサイト
2012年06月18日

先々週のストマック

120609.jpg
9日に釣りに出かけた時のストマック。
メイフライのアダルトはフタスジらしき姿を数回見ただけでしたが、それとは違う種のイマージャーが入っていました。
使ったフライは、#14のオリーブのダン。
次週も出かける予定だったので、この時のストマックを参考にイマージャー系のフライを数本巻きつつ、山女魚がモコッと銜える妄想に耽っていましたが、予定外の仕事が入り、お・あ・ず・け。
そして今週も・・・
来週辺りは、カワゲラが始まる頃でしょうか。
カワゲラのハッチに当たれば、下手くその私でもグットサイズの山女魚をネットイン出来るチャンスがありそうなのですが。
2012年06月05日

とりあえず一安心

120605.jpg
岩魚も虹鱒もいる。
山女魚だけがいなくなるはずなどない。
そんな大袈裟な事でもないのですが、今シーズンは、その姿を見るまでは何となく不安でした。

七寸ほどの山女魚。
クリアーな流れの中でローリングする姿を見た後、テンションを保とうと必死になっている自分の姿を想像しつつ思い出すと、「クスッ!」っと笑ってしまいそうです。

午後からは、流れの状態を見て歩きました。
さてさて、大きな山女魚は何処で食事をしているのでしょうか。
大きな山女魚を釣った事など殆ど無いだけに、この難問を解くのは今まで以上に難しそうです。
まぁ~、何だかんだ言っても「行動あるのみ」ですかね。
2012年06月03日

山女魚初日



山女魚解禁の6月1日。
余計な仕事も入らず、いつもの流れへ出かけることが出来ました。
がしかし、川の状態をみてビックリ。
最初の入ったポイントは、駐車スペースの7割以上が流れに抉り取られているではありませんか。
私は、この流れに通うようになって10年程になりますが、これだけ大きく抉られてるのを見るのは初めてです。
ただ、よく見ると抉り取られた駐車スペースの中から昔の護岸後が出てきており、この川に長く通う人にしてみると、それ程驚くような事でないのかも知れません。
いずれにしましても、鱒の付き場もそれなりに変わっているはず。
「今までの固定概念にとらわれる事無く新たな釣が出来る」と思えば、今シーズンの山女魚は今まで以上に楽しくなることでしょう。

因みに、初日はボーズ。
ここらへんは、今まで通り?ですかね(笑)

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。