--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年07月23日

トムラウシ山(7月21日)

110721-01.jpg
今年の山歩きは、『トムラウシ山』のことが常に頭の中にありました。
日々、仕事の無い日を書き込んだカレンダーを見ながら条件の良さそうな日を探ります。
山歩きコースは、トムラウシ温泉側からの短縮コースを日帰りピストンで、時間に余裕があれば、北沼に下りて迂回路を回るルートを考えていたこともあり、日の出と共に山歩き開始は必須。
となれば、前日に登山口まで行き、翌日早朝から山歩き、更に次の日は休みというのがベスト。
その条件を満たせる最初の日が、7月21日でした。
一週間前から天気予報を何度も確認しましたが、どうも天気は今一つで殆ど諦めムード。
しかし、20日の朝に発表された天気予報を見てビックリ!
トムラウシ山山麓の新得町が曇り時々晴れ、反対側の美瑛に至っては快晴ではないですか。
喜び勇んで車に荷物を放り込み、トムラウシ山目指して出発しました。
スポンサーサイト
2011年07月17日

蝦夷梅雨


北海道には蝦夷梅雨というのがある。
梅雨といっても、梅雨前線によるこのではなく、本州方面の梅雨が明ける頃に北海道に形成される気圧配置によるものらしい。
しかし、ここ最近の湿っぽい天気と昨日の大雨は梅雨前線によるものらしい。
近い将来、北海道の気象情報にも『梅雨入り・梅雨明け』という言葉が加わる日が来るのだろうか。

昨日の雨で、川も可也増水しているようだ。
今週は、山へ出かける予定だったが、どうも天気が今一つぱっとしない。
今回の増水は3~4日で収まるだろうか。
この水が収まった頃には、キット何かあるに違いない。

青空が約束されれば山。
そうでなければ・・・

運を天に、いや、天気に任せるとしよう。
2011年07月14日

変食


ヘンショクとは、普通は偏食の事。
しかし、今回見たライズは変食でした。
一日中のんびりと流れて過ごすことができた昨日。
のんびりし過ぎて、肝心の釣がおろそかになってしまった感もありますが、面白いライズを身近で見ることができました。

とある流れでのこと。
ダラダラとカワゲラのハッチがあったのか、カワゲラのアダルトが多くもなく少なくもなくっと言った感じで飛んでいました。
カワゲラは、水面に下りてはまた飛び立ち、また水面へ。
そして、時に水面に下りたまま流れに乗っています。
鱒達は、そんなカワゲラが自分の好きなレーンに流れて来るとパクリ。
あれっ
ライズしたのに食わない。
時を待たずして、同じカワゲラに同じ鱒(多分)がまたスプラッシュライズ。
おや、また食わない。
二回目のライズの後、今にも飛び立ちそうだったカワゲラは流れに絡んでしまい溺れそうに・・・
そして、三回目のライズ。
今度は、ゆっくりと大口を開けて、カワゲラを吸いこむようなライズ。

たまたまだったのか、それとも・・・

海外のとある有名河川では、メイフライを鼻先で一度突っつき、飛び立とうしたものだけ捕食する鱒がいるという話を聞いた事があります。
その鱒を釣るには、フライに鱒が出た瞬間にフリッピングでフライを舞い上げて二回目のライズであわせるとか。

まさかねぇ~(笑)

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。