--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年09月25日

道東『虹鱒の川』


静かなライズを繰り返す山女魚。
色付き始めている山女魚の姿は水面越しにハッキリと見えました。
どうしようか少し迷った後、フライを浮かべると、フライにキスする寸前まできて私のフライを「ふって」しまったのです。
チョット熱くなり、あの手この手で手元に寄せた山女魚はスッカリ秋色。
この1尾を最後に今年の山女魚は終了としました。

10日ほど前の事ですが、大雪山からは秋の便りが届き、山へ行こうか川へ行こうか迷いつつも、昨年は行くのを止めたこともあり、道東の『虹鱒の川』へ車を走らせました。

スポンサーサイト
2009年09月01日

山女魚終盤


台風の接近で諦めかけていた仕事の無い日は、台風一過の青空となりました。
何となく訳の分からぬままに終わってしまいそうな、今年の山女魚釣。
そろそろ終盤という事もあり、午前中は久しぶりに支流へ。
丁度タイミングがよかったのか来年の尺候補がフライを銜えたりと、思っていたより楽しむ事が出来ました。
午後からは広い流れをさ迷い歩き、最後に覗いたとあるプール。
昨年は楽しい釣をさせてもらったプールですが、今年はスッカリ振られっぱなし。
ところが今日は、ポワ・・・ ポワ・・・っとライズリングが浮かんでいます。
喜び勇んで流れに立ち、暫しライズを眺めます。
「ライズの感じがチョット違うような・・・」
日没がちかい事もあり、ライズの主を確認する事は出来ませんが、タイミング見計らってフライを浮かべると、パクリ。
「何か違うかな・・・」
ヤッパリなんか違いました。
フライを銜えたのはアブラビレの無い魚。
今年の山女魚釣は『ウ』で締める事になりそうな(笑)

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。