--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年01月30日

稀府岳(1月28日)

090128-01.jpg
初めて冬山の山頂に立ったのは、まだ20代の頃にニセコひらふスキー場の最終リフトからスキーを担いで登った、アンヌプリ山頂でした。
その頃の私は、登山にも山頂にも興味が無かったのですが、抜けるような青空の下、友達に「山頂は最高だから行こうよ!」と半強制的につれていかれ、「一日券なのに歩いている時間がもったいない」などと、ブツブツ文句を言いながら渋々歩いていたくせに、いざ頂上に着いてみると、青い日本海と白い大地が織り成す絶景に思いっきり感動したのを今でも覚えています。
しかし、山を歩くと言う事に興味をもったのは、もう直40代という頃。
そして、山歩きを目的として冬山の山頂に初めて立ったのは2004年2月の室蘭岳。
夏山並みの確りとした踏み後が付いている上に行き交う人もあり、小春日和の一日で、長袖シャツに薄手のフリースといういでたちでした。
その後、「冬の山歩きには何となく興味がある」という程度だったのですが、昨年、冬のオロフレ山に毎年ほぼ毎週登っている方のブログにたまたま幸運にも辿り着いた事と、北海道の山をこよなく愛する方々によって作られた「北海道 雪山ガイド」を手にした事で、興味から行動へと徐々に気持ちが移り変わったのでした。
そして、記念すべき第一歩は『稀府岳』。
登山道は無く、標高も700m程度で、一歩踏み込んだ冬の山歩きを体験するのに最適な山が直近くに有ったなんて知りませんでした。
スポンサーサイト
2009年01月14日

何となく癒される

090114.jpg
隣町へ買い物に行く途中でチョット寄り道をしました。
実は、寄り道の方が目的だっだかも知れません。
スノーシューで歩いてみたい山の登り口を確認しておこうと山手の方へ入ったのですが、夏山の登山道がある山ではないので案内板などは無く、頼りになるのは諸先輩方の歩いた後。残念ながら先日降った雪の後に歩いた方はいなかったのか、明確な登り口は確認することが出来ませんでしたが、地図上では登り口にあたる辺りで数頭の馬が飼われており、暖かい陽射の中でほのぼのした空気が漂っていました。
2009年01月07日

どんど焼き


2009年が始まって一週間が経ちました。
夜のテレビ番組は、まだ特番っぽいのがやっていたりして何となく正月気分が体内をうろついていますが、朝食で七草粥を食べ、しめ飾りを外してどんど焼きに出かけると、正月気分が体内から徐々に蒸発して行くような気がします。
少しでも火が大きくなってからと思い午後から出かけたどんど焼きですが、写真を撮っている私の左側で山積みになったしめ飾りを係りの方がプラスチック類を外して炎の状態を見ながら少しずつ焼いていました。
しめ飾りを置いていかれる方もさまざまで、装飾類を外しているのも、紙袋に入れてあるもの、ビニール袋に入れてあるもの等々。
きちんと分類して置いていく方は◎
紙袋は△
ビニール袋は×
なんて事を考えながら手を合わせた2009年のどんど焼きでした。

とりあえず、火の近くに行って煙をあびたし、何かご利益があるかな。
平凡に一年を終えれる事が出来れば、それが最大のご利益でしょうね。
ただチョットだけ欲を言うと、
チョットだけ大きな魚が釣れて、チョットだけ綺麗な景色が見れればと・・・(笑)
2009年01月01日

謹賀新年

090101.jpg

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。