--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年11月20日

鮭が上れない川

081117-1.jpg
晩秋から初春にかけて、私が時々アメマスを釣に出かける川。
3年ほど前からでしょうか、中流域での鮭の姿がめっきり少なくなりました。
以前は、息絶えた鮭を踏まないようにと気をつけながらウェーディングしていたのですが、ついに今年は、今のところ一度も目にていません。
鮭が上れなくなった訳は、多分、鮭の遡上時期に下流で設置されるウライ。
鮭の姿が激減した頃からウライ据付用の杭が新しくなっており、鮭の捕獲率が大幅に上がったのでしょう。
山や河川における鮭の重要性について、以前に何かの雑誌で見にした事があります。
「自然環境について見直されつつある昨今、山や川の命を育むといわれている鮭を、下流域で一網打尽にしてしまっていいのでしょうか。」
などというほど自然環境の事を考えている訳ではありませんが、一釣り人として感じる事があります。
それは「何となく、アメマスが各所に定位しなくなった気がする」っという事。
産卵を終えて体力を回復しようとしているアメマスにとって、鮭の存在は重要なはず。
そして、一釣り人にとっても。
鮭は重要な水産資源でもあり、これによって生計を立てている方もいます。
しかし、私は、漁師のように魚を獲る事で生計を立てている訳ではないので、アメマスが釣れなくても生活に困る訳ではありません。

ですが、子孫を絶やすまいと上流を目指す鮭と、将来の山や川のために。
そして、一釣り人のために。

一部の鮭でいいから、上流へ上らせてあげるべきではないでしょうか。
スポンサーサイト
2008年11月15日

お前は意地っ張り


『アメマス』
「この鱒はなんとも意地っ張りな鱒だ」
と、私は思います。

この日最初の川。
この時季、チョットした特殊条件によりアメマスが屯しているプールへと向かいました。
既に数人のアメマス好きの方が竿を振っています。
その中に、この川でよくお会いするお馴染みさんの姿も。
晩秋から初春の時季だけこの川でお会いする方なのですが、私の事に気がついてくれたようで、土手で様子を見ている私に向かって対岸側から
「そこに居るでしょ!」
私:「何が?」っと間抜けな問いかけ
お馴染みさん:「アメマス、アメマス」
私:「え、ほんと???」
指差す辺りを見てみると、見えるだけで5尾以上のアメマスがボケ?っとしています。
私:「お?! 居るね?」
ところが、お馴染みさんの擬餌針はドンピシャリの所に入っていものの、アメマスは一向に口を使う気配は無し。
他の場所へ行って竿を振りましが、居るのか居ないのか反応無し。

次の川。
短い瀬から流れの角度が変わるとこで出来た反転流の織り成すチョットした淀み。
反転流から出来た砂地の深みに、またまた見えるだけで5尾のアメマスがボケーっとしています。
更に、流心と反転流の際にも数尾のアメマスの気配も。
そして、私一人。
思わず「ニヤ・・・」
しかし、私の擬餌針を銜えたのは一尾のみ。
ヘタクソなのは分かっているけど、
「あんた達、少し意地っ張り過ぎるんじゃないの!」
2008年11月06日

室蘭岳 西尾根コース(11月6日)

081106-01.jpg
娘は既に学校へ行ってしまった時間に目が覚めました。
今日はそれ程良い天気では無いと思っていたのですが、寝室のカーテン越しに強い日差しを感じます。
カーテンを開けると、外は青空。
・・・週間天気予報を見間違えたかな???・・・
・・・昨日は、釣から帰宅後に天気予報を確認しなかったから予報が変わったのかもしれないな。・・・
などと思いつつ『10時のおやつ』の変わりに朝食をとり、
・・・天気が良いのなら、昨日、帰りに寄った川をあちこち歩いてみればよかった・・・と、早起きしなかった事を少し後悔しました。

遅く起きたとはいえ、折角の青空なのに屋根の下に居るのはもったいないに決まっています。
「数年ぶりに、直近くの室蘭岳に行ってみるか」
ウェストバックに飲み物とおやつを突っ込んで、『室蘭岳山麓公園』へと車を走らせました。
2008年11月05日

締め括りはアメマス

081105-01.jpg
2008年も何時の間にか11月。
何時もの事ながら、アメマスから始まりアメマスで締め括る私の釣りの一年。
今年も締め括りのシーズンとなりました。

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。