--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年10月20日

落葉の渓


かれこれ一ヵ月半ほど竿を握っていませんた。
晩秋のアメマスまで釣は止めるつもりでいたのですが、渓流シーズンが終わってしまう前に、もう一度だけ水面を流れるフライを銜える渓魚の姿が見たくて、小さな渓へと出かけました。
スポンサーサイト
2008年10月18日

シャクナゲ岳(10月16日)


昨年の10月16日もニセコに山へ歩きに来ていました。
アンヌプリ周辺は例年よりも紅葉が遅く丁度見頃となっており、午後からは天気が崩れ始めたものの綺麗な秋の風景を楽しむ事が出来たと記憶しています。
今年も丁度同じ日が休みとなり、「また、綺麗な紅葉でも見れたら・・・」などと思いつつニセコのシャクナゲ岳へ出かけてきました。
しかし、山の紅葉は既に終了。
帰宅後に調べて見ると、今年は10月初めにピークを迎えていたようです。
少し色あせて見えるハイマツや笹と、葉を落としたダケカンバ。
何となく寂しげなニセコの山でした。
2008年10月11日

富良野岳~上ホロカメットク(10月8日)

081008-01.jpg

十勝岳から眺めた富良野岳がとても気になっていました。
「来年は必ず歩いてみよう」と思っていたのですが、どうにも待ちきれず、ニセコ界隈の山を歩く予定を急遽変更して、10月7日の夕方、車に寝袋とザックを放り込んで十勝岳温泉へ。
9時過ぎに十勝岳温泉前の駐車場に到着し、一杯やって寝袋に包まります。
顔の冷たさで目が覚めたがAM4時過ぎ。
温度計を見ると車内の気温は4℃。
子供の頃は、鼻水が凍たって気がつかずに寝ていたような記憶がありますが、顔が冷たいくらい目が覚めるとは随分とヤワになったものです(笑)。
2008年10月02日

恵庭岳


さて、今度の休みは何して遊ぼうか。
渓流シーズンもそろそろ終りが近づいているし、岩魚の顔でも見に行きたいところですが今一つその気になれません。
『釣り好き』ではあるけれど『釣りキチ』とか『釣りバカ』に属さない私は、チョットした恐怖を味わうことで釣欲を抑制してしまうようです。
そんな訳で山歩き。
釣に行こうが山へ行こうが、自然の中で遊ぶ以上は心の底でもやもやしている恐怖心は燻り続けているのですが、遊びの形態が違うと何となく安心できるような気がするのが、私の浅はかなところでもあります。
ニセコ方面の山も考えたのですが紅葉を楽しむには早そうですので、支笏湖周辺でまだ登った事の無い恵庭岳へ出かける事にしました。
ただ、この山はスッキリ出来ない山なんですよね。

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。