--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年07月25日

Yamame

080725-1.jpg
ブランクにいたずら書きをするのも、竿作りの楽しみの一つ。
山女魚釣りの事を思い描きながら取り寄せたブランクに『Yamame』と書き入れました。
ガイドの取り付けも終わって、次はコーティング。
時間のある時にコーティングの作業を進めて、作業が終了してから最低でも2週間は寝かして置くので、早ければ8月下旬くらいには感触を味わえるかも。

チョット楽しみなアクションです。

今年の山女魚は、9月終わりまで引っ張っちゃおうかな(笑)


スポンサーサイト
2008年07月16日

雨前日


雨前日。
モワ?っと湿った空気が立ちこみ
ジワ?っと身体が汗ばみ
流の至る所からフワ?っと虫が現れ
魚達が狂気する・・・
なんて事にならないかと、ついつい期待してしまいます。
しかし、そんな幸運に巡り合えるは年に一度有るか無いか。
『モワ?』『ジワ?』を感じる時間はありましたが、『フワ?』っと『狂気』には出会えませんでした。
一休みするのに丁度好い石があったので腰を下ろすと、ウェーダーにメイフライが留まっています。
エルモンヒラタカゲロウのスピナー?
っという事は、数日前には『フワ?』っと『狂気』が有ったのかな?
2008年07月15日

#24・・・そして


フックサイズ#24
今のところ、私の持ち歩いている一番小さなフライです。
私にとって、ドライフライとして使うのはこのサイズが限界。
#24と言っても視認性を重視しているので、魚からは#24に見えていないかも知れません。
この小さなフライ、山女魚フィッシングシーズン中に何度か出番があり、そして悔しい思いをします。
悔しい思いの原因はフックアウトやティペット切れ。
どちらも、小さなフライや細いティペットで釣りをしている事をしっかり頭に入れて、それなりの釣り方をすれば避けられる問題だとは思うのですが、やれ「**が悪い」などと自分のヘタクソ以外に原因を作りたがる私は、とりあえず竿のせいにしたのでした(笑)。
そんな私の目に飛び込んできたのは、
「ロングリーダーを楽に投げたい…、楽しく曲がる竿…という方にお勧めのシリーズです。
敢えて低弾性カーボンを使用し、トルクのあるスローアクションに仕上げてあります。」
と言ううたい文句。
こんなコマーシャルに弱いんですよね。
そんな訳で、山女魚用に8'2"#3を一本注文しちゃいました。
仕上がりは、色付きはじめた山女魚にギリギリセーフ。
いや、来シーズンまでお預けかな(笑)
2008年07月08日

雨のちチョット期待


昨日の雨、久しぶりのまとまった雨のような気がします。
流れの水量もある程度増えたようですし、チョットばかり期待して釣りに出かけました。
2008年07月03日

目的は釣?酒?

4人で泊りがけで、釣りに出かけてきました。
ただ、私の目的は釣ではなく夜の酒。
話題が豊富なお三方のお話は酒が無くても十分楽しいのですが、ヤッパリ酒が有った方がもっと楽しくなるのです。
などと言いながらも、釣の事だって忘れてはいませんでしたよ!
昼間はチョットだけ眠たかったですが。
年に一度有るか無いかの、酒を交えた楽しい『釣の集い』でした。

追伸
上手な方々の釣りを拝見して、自分も上手くなった気分になりつつ今日も同じ流れに立ってきましたが、ヤッパリ何時もの自分でした(笑)。


 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。