--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月27日

ガイドが付くと

080227.jpg

ガイドの取り付けが終わると直にでもラインを通してみたくなります。
本当の意味でのロッド・ビルディングを目指すなら、ガイドを仮付けして試し振りをし、自分の気に入った位置を見つけるべきなのでしょうね。

スレッドは赤を使いました。
今回は試し巻きをしていないので、どの程度トーンが落ちるのか分かりませんが、それがまた楽しみでもあります。
スポンサーサイト
2008年02月24日

少し竿っぽくなった?

080224.jpg

グリップやリールシートを取り付けるとグット竿っぽくなり、思わずニヤニヤしてしまいます。
ただ、グリップが今一つ手に馴染まないのが残念。
やはり、ロッドビルディングと言うからには、自分の手に馴染むように自分で削らないとダメですね。次回の課題にします。
リールシートは、リングタイプのダウンロック。
最近はアップロックのロッドが主流になってきているようですが、個人的には4番以下のロッドはダウンロックの方が好きです。
ロッドを振ったときも、ダウンロックの方がバランスが良いような。といってもリールの位置が数センチ違うだけですので、自分勝手な思い込みというところでしょうか。
因みに、エンドキャップは写真を撮るのにはめ込んだだけで、ロッドドライヤーに取り付ける時に邪魔になりますので、まだ接着していません。
2008年02月23日

春に向けて



昨年の11月に購入したLamiglas 7'6" #4のブランク。
何もしないで部屋の片隅に立てかけてあったのですが、何となく繋いで、軽く上下に振ってみました。
冬に入ってからはファーストアクションの6番を振っていた事もあってか、購入したとき時よりも更にスローに感じるアクション。
(何て事を言っても、実はよく分かっていませんが)
そして、ジワッと胸が高鳴りだし、春が恋しくなって来ます。
「そろそろ組み立てようかな」
とりあえず、これからのアメマス用擬餌針はある程度巻いたし、暫くはバイスが無くても大丈夫という事にして、机の上を片付けました。
新緑の渓を思い浮かべながら「このブランクは、どんな風に私の事を楽しませてくれるのだろう」などと考えていると、更に胸が高鳴ってきます。

今回は、リールシートやグリップ(整形品)も自分で組み込むので、まずは、スパインの確認。
その方法は沢山の方々がHPなどで紹介していますので素人の私が説明する事もないでしょう。
Lamiglasのブランクにはスパインが向かい合わせに二つ。
迷う事無く、スパインに対して90°の線上にガイドを乗せることにします。

ゴールドやシルバーの飾り糸は使わず、アッサリとレトロな雰囲気に仕上げたいと思っているのですが、どうなることか。

最終的には、綺麗に出来なくても『自分だけの一本』と言うことで納得することは間違え無しです(笑)。



2008年02月21日

釣れないポイント

080220-1.jpg
大小の玉石を洗い流すように流れる瀬の後に続く、水深のある緩いバンク。
アメマスの好きそうな流れに見えるのに・・・
アメマスを釣り上げた事が一度も無いポイント。
「もしかしたら今日は・・・」
そう思いながら立ち寄って見るけれど、一度もアメマスの姿を見たことの無いポイント。
そしてまた、
「もしかしたら今日は・・・」と思いながら立ち寄って見たけれど、ヤッパリ、アメマスの姿を見ることは出来ませんでした。
人気のポイントには沢山の足跡があるけれど、このポイントには足跡はありません。
それは、そこがポイントでは無いから。
けれども、
「もしかしたら今日は・・・」
それが私にとっての『釣れないポイント』
「もしかしたら今日は・・・」っと思いながら『釣れないポイント』へ通うのもまた、私の釣りの楽しみの一つです。
2008年02月14日

嵐の前に

080212アメマス1

昨日までの穏やかな天気とは裏腹に明日からは嵐という日。
朝起きて天気予報を開いてみると、天気は確実に冬の嵐へと向かっているようです。
午前中だけでも・・・っと出かけたのですが、結局は夕方まで流れに浸かっていました。

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。