--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年02月25日

室蘭岳BC

150219-01.jpg
ゲレンデを少し外れて立木に抱き付くこと数回、ヘルメットのへこみ数か所、とりあえず五体満足を維持している今日この頃ではありますが、懲りずに出かけた2回目の室蘭岳BC。
苦労?の甲斐あってか、チョットは「らしく」なってきたような。
山頂の雪は少し増えていたものの、まともな雪はほとんど降っていないようで全体的には前回と殆ど変らない積雪でしたが、早くも春を思わせるような雪質。
かといって重いわけでもなくヘタッピにはちょうど良い感じで、何となく上手くなった気分を味わうことが出来ました。
室蘭周辺は、このまま大した雪も降らずに春に向かうのでしょうか?
街には降らないでほしいのですが、山にはあと一回くらいはまとまった雪がほしいです。

ヤマレコのレポートはこちら

スポンサーサイト
2015年01月21日

室蘭岳で初BC

150121-01.jpg
2015年初山歩きは室蘭岳でスタートです。
さらに、人生初のバックカントリーとなりました。
スキーに嵌っていた若いといえる歳のころに、プチ・バックカントリーは何度か経験したことがあるのですが、100%自分の足で登って滑るのは今回が初めて。
さらに、いい歳してボード!
ゲレンデ脇の圧雪していないところを滑ったりして、それなりに練習していたつもりではありましたが、雪降ったまんまの斜面をボードで滑ることが、こんなに大変な事だとは思っていませんでした。
(密かに、「スキーよりいけるかも」なんて思っていたのですが)
恥をしのいで言えば、
滑るというよりは、ずり落ちる…
ちょこっとクラストした雪に嵌ってモガク…
究極は、ボードを外して歩いて下りたくなる(笑)

今回は、前夜(今朝か?)の飲み会の余韻が強すぎて、お昼からの行動開始となってしまい、一回きりしか滑れませんでしたが、次の機会は山頂下のオープンバーンで何回か練習したいな~

2008年01月04日

初滑り



喉元過ぎれば 熱さ忘れて 初滑り

昨年の秋に出かけた山歩きで持病の腰痛が悪化してしまい、MRIの結果が椎間板ヘルニア。
とりあえず手術などという大げさな状態では無かったので、痛み止めの薬を飲みながら、職場では出来るだけ仕事から逃げて回り痛みは治まっていたのですが、「今シーズンのウィンター・スポーツはお預けだな」と諦めていました。
しか?し、
子供達が、妻に地元のゲレンデまで送って行ってもらって滑りに出かけようと準備をしている姿を見ていると・・・
「お父さんも行きたい」
と言っても滑った時間は1時間ほどでした。
無理をして釣りに行けなくなったら一大事ですから(笑)

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。