2019年07月23日

久しぶりの山女魚

190723-01.jpg
地元周辺は雨。けれども、京極周辺は曇り。
ここ最近は、こんな天気がよくあります。
今日も朝起きると外は雨でしたが、アメダスと天気予報を確認すると京極周辺は曇りでした。
こんな日は、迷うことなく釣りに集中できます。
まあ~、個人的釣り日和!
雨に打たれながら車を走らせましたが、お目当ての流れに近づくにつれてフロントガラスの水滴が少なくなり、雨は止みました。
流れに立ってみると、暑くもなく寒くもなく少しだけ生ぬるい空気感。
久しぶりに、「オッ、山女魚!!!」と思わずつぶやく感触が、手元に伝わってきました。
2019年07月10日

岩魚の渓

190710-01.jpg
この岩魚の渓へ来るのは何年振りでしょうか。
多分、北海道に大きな被害を残した数年前の大雨以来。
水が染み出る程度の沢が地形が変わるほど大きくえぐられ、倒木が散乱し、渓相も少々変わってしまっていました。
小さな渓には似つかわない大水が出たに違いありません。
それでも、完全に陸封された岩魚たちは、ひっそりと生き長らえていました。
2019年06月23日

岩魚の日

190621-01.jpg
前日の天気予報は「雨の降りそうな曇り」。
「サイクリングと山には不向きな天気、釣りはどうかな?」
などと思いながら目覚ましも掛けずに布団に入りましたが、5時ころに、屋根を叩く雨の音で目を覚ましました。
とりあえず、布団にもぐりなら京極町辺りの雨雲予想を確認してみると雨はさほど降らないよう。
今月末には、毎年恒例(去年はいけませんでしたが)の釣行も控えていることあり、練習がてらにいつもの流れに出かけてきました。
密かに、先日逃した怪しいヤツも気になっていたのですが。

気になる流れに立つと、水量は前回と同じくらい。
しかし、フライに興味を持つ魚は皆無。
お昼を挟んで付近のもめぼしいポイントを探ってみましたが、全く反応なし。
「こんな日もあるか・・・」(殆どこんな日バッカですが)
などど思いつつ、最後に立ち寄った場所。
薄っすらと日が差してきたこともあってか、ライズ発見。
早速フライを浮かべてみると、いい感じで捕食・・・ したのは岩魚。
オヤ、あっちでもライズ。
今度こそ、や○○・・・ じゃなくて、岩魚。
あっちもこっちも岩魚。
山女魚が付いていそうな場所なのに・・・ 岩魚。
そして、岩魚てきなところから申し訳なさそうに、幼顔の山女魚。
そこそこ釣り終わったところで#4虹用フライの練習をしていると、大口開けてデカフラを流し込むヤツ。
ニジか???っと思たら尺岩魚。
いや、このギラつき感はアメかな。
2019年06月20日

1年振りの釣り

190613-01.jpg

先日、1年振りに川の流れに立ちました。

昨年の6月中旬にロードバイクから落車して、左鎖骨を複雑骨折。
人生初の手術を体験し、1ヶ月近く左腕は固定。
その後、リハビリをしながら肩の動きと筋力を回復させて9月で50%くらい回復。
そして、今年の2月位でほぼ全回復。
3月末にボードに出かけ、アンヌプリ山頂から気分よく滑走して完全復活を確認しました。

さてさて、1年振りの釣りはというと・・・
私にちょうど良いサイズがチラホラとフライに食欲を出してくれました。
ただ、まだ6月半ばどいうのに、水量が少ないです。

2017年07月03日

北海道釣り歩き2017

170628-01.jpg
今年も、恒例の北海道釣り歩きにお誘いを頂き、4日間ほど道内を釣り歩いてきました。
川釣りとてしては、地域によっては天気・水温共に当たりはずれの多い時季とも言えますが、一冬越して、昨シーズンの針に掛った苦い思いを忘れてしまった無邪気な虹鱒にフライをガップリと銜えさせる事を楽しみに、毎年この時期を選んでいるようです。
同行させて頂いているのは私よりも10歳近く若いお二人なのですが、体力的には若干自信があるものの、流れの中での踏ん張りやゴロタ石歩きなどの平行感覚には衰えの感じる今日この頃の私でありまして、ついて歩くのが少々しんどくなりつつありますが、色々とサポートして頂ながら釣り歩き、嬉しい一尾をネットインすることができました。

« OLD  | HOME | 


|
-->